バス運転手の労働時間

バス運転手の労働時間は

バス運転手の労働時間と拘束時間

バス運転手の労働時間は、連続運転時間は4時間以内で2日間の平均運転時間が9時間以下に制限され、1週間の労働時間は原則40時間となっています。又、1日8時間以上の休息時間が義務付けられていま。バス運転手の拘束時間は、始業時刻を起算として24時間の基本拘束時間は13時間ですが、週に2回以内までは最大16時間の拘束が許可されています。1週間の拘束時間は、4週間の平均拘束時間で算出され、原則として最大65時間に制限されていますが、労使協定により限定した期間において71.5時間まで拘束時間の延長が認められています。

バスの運転手の労働時間と例外

バス運転手の労働時間や拘束時間には、基本原則と52週間のうち16週間に対する例外規定が存在します。1日の労働時間は、連続運転の上限は4時間以内、2日間の平均運転時間が9時間以内に制限されています。1日の拘束時間は、13時間を上限としていますが、1週間に2回以内ならば16時間まで拘束時間を延長出来ます。1週間の労働は、週40時間労働を上限としていますが、例外規定に従い44時間がまで延長出来ます。1週間の拘束時間は、4週間平均で65時間以内に制限されていますが、貸切バス等運転手に対しては例外規定に従い4週間平均で71.5時間まで延長する事が出来ます。

バス運転手に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © バス運転手の労働時間は. All rights reserved.